アルフレッド・テニスン 語録

今年も残すところ三日となりましたね。皆様にとってどのような一年でしたでしょうか?
最新刊の「イノック アーデン」にはたくさんのお問い合わせを頂き有難うございます。不勉強な私は原作者の
詩人アルフレッド・テニスンの名前を聞いたこともなかたのですが、調べると聞いたことのある語録がたくさんあることがわかり、ご紹介することにしました。

過ぎ去りし麗しき日々は、再び我がもとに帰り来たらず。
時間の谷間では、しばしば時間の丘が永遠の山をさえぎる。
時には今日はなく、永劫には未来無く、永遠には過去はない。
敵を作れないものは友も作れない。
恋して恋を失ったものは、まったく愛さないよりもましだ。
志の固き人は幸いなるかな。なんじは苦しむ。しかれども長く苦しむことなし。また誤って苦しむことなし。

まだまだあると思います。どれか心に残る言葉がありましたか?
慌しい年末ですが、気持ちを静かに一年を振り返り、また新しく迎える年が穏やかで明るい年でありますように。
一年のお付き合い有難うございました。来年もよろしくお付き合いくださいませ。

いつもありがとうございます。
愛育社のホームページです。こちらも宜しくお願いします。
         ↓↓↓
 http://www.aiikusha.net/(貼り付けてご使用ください)
[PR]
by aiikusha | 2011-12-29 00:15