お知らせがあります

 今週も始まりましたね。さあ、どんな一週間になるのでしょうかね?

 早速ですが、小社からも出版している 宇野亜喜良さんのトークイベントが青山ブックセンター本店であります。

句画エッセイ集『奥の横道』(幻戯書房)刊行記念
宇野亜喜良トークショー「Aquirax Labylinth」
■2009年5月3日(日)13:00~15:00(開場12:30~)
■会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
■定員:120名様
■入場料:500円(税込)
 ●電話予約の上、当日精算
 ●青山ブックセンターオンラインストアにてWEBチケットを販売します

■電話予約&お問い合わせ電話:
 青山ブックセンター本店
  03-5485-5511 (受付時間:10:00~22:00)

 宇野亜喜良さんといえば、昭和期の日本を代表する挿絵画家・グラフィックデザイナーですよね。作品もたくさん出版されていますが、小社から出版されている本は

SAMURAI AQURAX  宇野亜喜良 時代小説挿画集
著/宇野亜喜良 監修/濱田高志 著/宇野亜喜  “AQUIRAX” シリーズ第二弾!! 

です。詳細は、愛育社のHPをご覧になってください。 http://aiikusha.co.jp/

 今日は、とっても有難かったことがあるのですよ。営業で回っているときM書店のベテラン店員さんから頂いたアドバイスなのですが・・・





 ちょうど今月末に発売されるイラスト集なのですが、ちょっと出足が悪いのです。なんでかわからずにチラシも2度ほど手直しをして持ち歩いていたのですが、何が悪いのかを教えていただくことができたのです。教えてくださった方は、淡々と適切に驕ることもなく煩わしそうに言うでもなく、本当にわかりやすく教えてくださったのです。それは・・・

 このチラシでは、書店さんから見て 購買対象者が誰なのか、どこに配置するべきものなのか、何が言いたいのか、何もわからないし、伝わって来ないので注文を出すことができない。と・・・。
 教えてくださったことはとても当たり前なことです。たぶんずっと営業に携わってきている方にとっては、特別なことではないと思います。でも、この仕事を始めたばかりの私にとってはとても勉強になるアドバイスでした。

 営業って、歩いて何店舗まわって何冊注文を取れたってだけじゃないのですよね。今扱っている本がどんなジャンルでどんな人たちに読んでもらいたいのか、どれだけ魅力ある本なのかを、書店員さんたちにわかってもらわないといけないのですよね?どうやら、そこのところが、私には抜けていたような気がします。

 そんな訳で、今日は帰宅してから早速チラシの作り直しをしました。これで、また明日から気持ちを新たに営業に行ってきます。今日、お忙しい中を手を止めてアドバイスをしてくださったM書店のKさん、本当にありがとうございました。
 新しいチラシを持って行った時は、又よろしくお願いします。今度は注文が取れると良いな。。。
[PR]
by aiikusha | 2009-04-20 21:27