<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ブルガリア映画特集

 昨日は、夕方から ブルガリア映画特集の試写会に参加してきました。上映されたのは、アニメーション短編「A+E」と「ラプソディ・イン・ホワイト」という映画の2本です。
 アニメーションの方は、たぶんAはアダムをEはイブを指示していたんだと思います。「ラプソディー~」はホワイトについての定義や意味を一人の女性を軸に描いていたのですが私には難しすぎてほとんど理解できなかった(言訳です)。ブルガリアの映画を観たのも初めてだったのです。ブルガリアって聞いて、最初に思いつくのがヨーグルト、次に琴欧州という私ですから・・・。もっと、よく勉強をしないといけませんね。

 今回の上映は、
 日本・ブルガリア外交関係再開から50周年を迎えた今年、フィルムセンターでは「日本・ブルガリア交流年2009」を記念して、ブルガリア共和国大使館との共同による「ブルガリア映画特集」を開催する運びとなりました。
 という、概要からのものなので、お時間のある方は、是非いらしてください。
 
 場所= 東京国立近代美術館フィルムセンター (東京メトロ 銀座線 京橋 より徒歩1分)
 会場=小ホール
 定員=151名(各回入替制)
 発券=地下1階受付
 料金=一般500円/大学・高校生・シニア300円/小・中学生100円/
     障害者(付添者は原則1名まで)は無料

 上映作品リスト◆長篇劇映画
1 炎のマリア(99分・35mm・白黒)
2 無名兵士のエナメル靴(84分・35mm・カラー)
3 汗(カーン)の栄光(95分・35mm・カラー)
4 引き出しの中の犬(85分・35mm・カラー)
5 ラプソディ・イン・ホワイト(80分・35mm・カラー)
6 レディース・タイム(92分・35mm・カラー)
7 ソフィアの3つの運命(96分・35mm・カラー)
◆アニメーションとドキュメンタリー
8 青白き月(9分・35mm・カラー) 
A + E(5 分・35 mm・カラー)
襤褸(ぼろ)(9分・35mm・カラー)
ゲオルギと蝶々(60分・35mm・カラー)
9 ZIRO(8分・35 mm・カラー)
五月(7 分・35 mm・カラー) 
蚊の問題その他の話(100分・35mm・カラー)  

です。


 小社からも、ブルガリアのい関する書籍が出ているのですよ。
 体に美味しいブルガリア 
 料理:カティア・パラゾヴァ 文:明石和美 写真::長谷川朝美 
 ヨーグルトとハーブの国から届いたヘルシーメニュー! ブルガリア大使館料理人が紹介する20種の代表的な料理。巻末には詳しいレシピも掲載。ちょっとレアなブルガリアの味をご賞味あれ!
 と
 神様がくれた国ブルガリア 空・海・大地と食の旅 
 文:明石和美 写真:長谷川朝美 
ヨーグルトだけじゃない、ブルガリアの魅力。美しい海と山、動物たちとハーブ、石と木の建築物、どこまでも親切な人々、野菜とチーズの健康料理。ブルガリアは天国のような国だった。

の2冊です。詳しくはHP http://aiikusha.co.jp/ をご覧になってください。
 
 今週はGWですね。都内は少し人口が少ない様な気がしますが・・・。さあ、あと二日がんばりますか!(^^)!
[PR]
by aiikusha | 2009-04-29 23:31

一週間の始まり

 休日明けですね。

 営業職のみなさんは、休日はどのようにすごしているのでしょうか?
 私は平日に、嫌と言うほど歩くので土曜日はお昼過ぎまで睡眠を楽しんでいました。でも、いくら寝ても眠い、日曜は唯一の趣味の乗馬で気分一新してきましたよ。馬は良いです。まだまだ初心者ですが、馬は何時間見ていても飽きないです。動き一つ一つが躍動的だったり、しやなかだったり 突飛だったりで、、、「社長がそのうち馬の本を出してくれるといいなぁ」なんて思ったりしています。

 今日は、天気予報に反して結構気温が上がりましたよね。これから紫外線対策が大変だと思うのですが、女性だけの問題ではないのですよ。紫外線は男女や年齢に関係なく、なるべく浴びないように気をつけないといけない問題なんです。これも、環境破壊の影響ですよね。でも、日傘を持ち歩くのも結構かさばるし、帽子も蒸れそうだし、服装にマッチしそうにもないし・・・。今年初めての夏を迎えるのですが、よきアドバイスがあったら教えてください。お願いします。
[PR]
by aiikusha | 2009-04-27 22:20

本日新刊の出来上がり

 昨日は、POPの最終絞り込みをして(一人でですが)やっと2作にまで絞って、見本を作って時計をみたらまたまた12時を過ぎていて、こりゃいかんと思いブログもそっちのけで寝てしまいました。出来上がったら、POPですがこのコーナーでお披露目しますね。結構コピーが気に入っているんです。

 今日は新刊が出来上がって、会社に届くはずなんです。写真家内野克美さんの子どもの後ろ姿をメインで撮った写真集です。
 子どもの後姿って、なかなか写さないと思うのですよ。子どもの後ろ姿から、見る人がいろいろイメージしてくれたらいいなって思って撮りためたものを写真集にしたものです。タイトルは「うしろのしょうめん」です。来週には書店に並ぶと思いますので、手にとって見てください。
 画像を添付しようといろいろやってみているのですが、できません(?_?)今夜再度やってみます。画像無ですが、書店でみかけたら、「これだな?」っておもってくださいね。

 それでは、そろそろ行ってきます。
[PR]
by aiikusha | 2009-04-24 07:35

POPを作っていたら・・・

新刊のPOPを作成していたら、こんな時間に・・・。ついつい何パターンも作ってしまって、大差はないのに、文言を変えてみたり、配置を変えてみたり、同じ人が考えているのだからきっと大差はないのでしょうね。
う~んでも、こだわりだすときりがないし、「このPOPで爆発的に売れたら~♪」なんて考えてしまうと、もうとまらなって一人悦に入って入り込んでしまっています。

 明日も、営業で歩き回るのにこんな時間・・・。電車の中で爆睡間違いなしだよ。作ったPOPと、見本を忘れないでみんなに見てもらおうっと。ではおやすみなさい・・・Zzzz
[PR]
by aiikusha | 2009-04-23 03:40

気は持ちよう・・・

 今日は午後からあいにくの雨模様でしたね。今日は新宿に営業に行ってきました。繁華街はちょっと苦手なのですが、今日は昨日の手直しをしたチラシをもっての仕事だったので、なんだか一人張り切っていました。初心に戻ったような感じです。お陰で、自分の表情も少し明るかったような気がします。

 落ち込んだり、自信が無かったりすると直ぐに顔にでてしまうんですよね。本当はいつも笑顔で、ハキハキとしていないといけないんだと思うのですが・・・。これがなかなか難しくてね。営業を始めていつも反省してしまうのが、相手のペースで終わってしまうと言うことです。

 どうしたら、自分のペースでしゃべれるようになるのでしょうか?ちゃんと説明をしていないのに、忙しそうだからとか、準備が悪くて手間取って時間が押してしまって説明ができなかったり・・なんてことがしょっちゅうです。つくずく難しいなぁ・・・って思います。同じ営業の方をお見かけするのですが、自信たっぷりだったり、談笑したりしているといつかは自分もそうなれるのかな・・・って思ってしまうのですが。まだこの仕事を初めて3ヶ月足らずなので、焦らずに少しずつ自分なりのスタイルを見つけていきたいと思っています。

 明日は、晴れますように・・・。
[PR]
by aiikusha | 2009-04-22 00:07

お知らせがあります

 今週も始まりましたね。さあ、どんな一週間になるのでしょうかね?

 早速ですが、小社からも出版している 宇野亜喜良さんのトークイベントが青山ブックセンター本店であります。

句画エッセイ集『奥の横道』(幻戯書房)刊行記念
宇野亜喜良トークショー「Aquirax Labylinth」
■2009年5月3日(日)13:00~15:00(開場12:30~)
■会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
■定員:120名様
■入場料:500円(税込)
 ●電話予約の上、当日精算
 ●青山ブックセンターオンラインストアにてWEBチケットを販売します

■電話予約&お問い合わせ電話:
 青山ブックセンター本店
  03-5485-5511 (受付時間:10:00~22:00)

 宇野亜喜良さんといえば、昭和期の日本を代表する挿絵画家・グラフィックデザイナーですよね。作品もたくさん出版されていますが、小社から出版されている本は

SAMURAI AQURAX  宇野亜喜良 時代小説挿画集
著/宇野亜喜良 監修/濱田高志 著/宇野亜喜  “AQUIRAX” シリーズ第二弾!! 

です。詳細は、愛育社のHPをご覧になってください。 http://aiikusha.co.jp/

 今日は、とっても有難かったことがあるのですよ。営業で回っているときM書店のベテラン店員さんから頂いたアドバイスなのですが・・・

More
[PR]
by aiikusha | 2009-04-20 21:27

楽しい街

 今日は日差しも柔らかくて営業にはちょうど好い天気でした。今週は新しい街週間なんですが(勝手に自分で命名しています)吉祥寺に行ってきました。何回か通過したことはあったのですが、ゆっくり降りて街中を歩くのは初めての街です。

 なんだか歩いていて、楽しくなる街ですね。街々にいろいろな顔があるってこの仕事をして初めて気付きました。同じ繁華街でも、歩いていてどんどん先に進みたくなる街やじっくり腰を落ち着けてみたくなるような街や、じっと眼をつむって想像を働かせたくなるような街等など・・・。

More
[PR]
by aiikusha | 2009-04-17 00:12

今日も暑かった・・・

 なんだか、毎日結構な暑さで九州育ちの私ですが、どうも暑さに弱くって夏を越せるのかちょっと心配な今日この頃です。

 今日は高田馬場から早稲田まで歩いたのですが、古本屋さんがたくさんあるのにビックリです。東京に住んで20年以上になるのですが、訪れたことがない街が多いので、地図片手に悪戦苦闘しています。

 地図を見るときはほとんど固まって見ているのですが、何か地図をすんなり解読できる裏技ってないのでしょうかね。そう、私は方向音痴なのです。なので、携帯のナビを見てもちっともわからないで、携帯をクルクルまわして余計わからなくなって大抵、宅配の人か郵便局の人を見つけて今自分が立っているところを聞く毎日です。

 そうそう、今日はランチにちょっと贅沢をしてロシア料理のお店に入りました。で、初めてロシアンティーを飲んだのですが、とってもおいしかったですよ。聞いたところセイロンティーにイチゴジャムに少しウオッカを垂らしたものをティースプーン3倍入れたものだそうです。温かいお茶がほんのり香って疲れも取れました。今度自宅でも試してみようと思っています。

 横道にそれてしまいましたが、今小社で営業に回っている本は、<うしろのしょうめん>という写真家 内野克美さんの写真集です。幼児から小学生までの後ろ姿や横顔や、家庭ではあまり写さないアングルで撮っていて何だか見ていてホンワカする写真集です。ぜひ手にとって見てください。そして、手に取ったあとは購入してください。。。。ね。

 明日は、少し春の日差しが優しいと良いな・・・おやすみなさい。
[PR]
by aiikusha | 2009-04-16 00:33
 こんばんは。前任者から引き継いで投稿を受け持つことになりました、営業の青山です。営業の仕事も、出版社の仕事もブログを書くということも初めてだらけなのですが、なるべく長く続けていきたいと思っていますので、お付き合いのほど宜しくお願いいたします。

 本当に素人なので、本のこともよくわからないで仕事をしていて、きっと書店の方々には迷惑をかけまくっていると思います。ぶしつけなことがありましたら、年だけは重ねているど素人な営業が来たと思ってやさしくご指導のほどよろしくお願いいたします。

 今日はあいさつだけでおしまいにしますが、なるべく間があかないように一行でも書き込みをしていこうと思っていますので、興味のある方は寄って行ってください。よろしくお願いいたします。
[PR]
by aiikusha | 2009-04-14 22:24
来る4月12日(日)、熊本市でエム ナマエさんの講演会が催されます。

これは、現在廃院の危機に瀕している熊本市立産院存続を求めるお母さんがたの集いに、産院存続の呼びかけ人(『あらしのよるに』の原作者、きむらゆういちさんも呼びかけ人のおひとりです)である、エムさんが「いのち」について、語るというものです。
a0089080_2275570.jpg
「MOTHER」 (c) emu namae

熊本市立産院の存続を願って みんなのつどい
エム ナマエさん 講演会 『子どもは は未来からの 天使たち』


産院存続よびかけ人のひとり、エム ナマエさんが応援にかけつけて下さいます。光を失いながらも、心で描くその絵は、見る人の心をあたたかく幸せにします。昨年の阿蘇白水郷美術館での原画展では、多くの人が感動し、大好評を博しました。
そのエム ナマエさんが命の奇跡、命のメッセージをみなさんと語りあい、よびかけます。

4月12日(日) 10:30~12:30 
ウェルパルくまもと・大会議室(熊本市総合保健福祉センター)

熊本市大江5-1-1(交通局跡・裏に駐車場あります)
資料代 1000円  

主催:「子どもは未来からの天使たち」実行委員会
We Love産院の会 
日本一の子育てをすすめる会
tel:096-340-0057

基調講演 エム ナマエさん 「生まれてくること」
…… 命の生まれる可能性は、この宇宙に存在する砂粒すべての中から、
たったひとつの砂粒を見つけるよりも小さな確立だと聞きました。
それでも、宇宙は私たち生き物を誕生させてくれたのです。
ボクは思います。きっと宇宙は話し相手が欲しかったのだと。
ボクたち人類が平和を愛し、命を尊敬し、
繁栄を続けることができたなら、これからも星空に聞いてみたいと思います。
ボクは誰ですか。どこからきたのですか。
そして、どうしてここに生まれたのですかと…。

熊本産院について
60年の歴史を持つ病院で、おっぱい授乳、育児の徹底など、母と子の絆を強める医療を展開しています。それは育児不安や産後うつの予防、児童虐待の予防にも繋がっています。
初期妊娠からの徹底した指導と、親身な相談(365日、24時間対応)により、早産や極小未熟児出産予防に高い実績をあげています。
その実績は、厳しい審査のWHO(世界保健機関)、ユニセフの『赤ちゃんに優しい病院』認定を平成14年に取得しています。世界基準の病院です。


ぜひお出かけ下さい!
[PR]
by aiikusha | 2009-04-06 22:11