<   2009年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 4月から愛育社のブログを書かせていただき、大して面白くもなく情報量も少ない中で、お読みになっていただいたみなさんありがとうございました。
 私事ですが、家庭の事情で愛育社を退社する事になりました。毎日更新する事が、段々と当たり前になってきて帰宅して一息付いたあとには必ずパソコンを開いてブログを書いていたのですが、続けていると会社のブログなのに私事ばかりを書くことになってしまうので、今日で更新は終わりにします。また、後任の方が引き継ぐことになりました折には、どうぞ読んでいただきたいと思います。
 
 子どもの頃は、親の指示で日記を書いていたのですが苦痛で苦痛で仕方なかったのですが、今に思えばあのまま続けていたら、もっと読んで面白い事や魅力的な内容が書けたと思うのですが・・・。書いてみて、書くことの難しさや、言い回しの難しさ、自分の語彙の少なさに唖然としたものです。また、何かの機会で、このようにモノを書く事がある時にはもう少しましな事がかけたらいいなぁっと思っています。

 愛育社は、まだまだ素敵な本を出して行きますので、どうぞご愛顧のほどよろしくお願いいたします。また、営業では未熟なことで、説明が足りなかったりチラシも情報が抜けていたりしてご迷惑をたくさんおかけしたと思いますが、書店のみなさん嫌な顔一つしないで説明を聞いていただき、又快く対応していただきありがとうございました。これからも、どうぞどんどん注文のファクス送ってください。よろしくお願いいたします。<(_ _)>
                                                  青山
[PR]
by aiikusha | 2009-07-25 19:53

連休でしたね。

 連休に、映画を観てきました。
 『剣岳 点の記』(日本地図完成のため未開の地・劔岳を命懸けで目指した測量師たちの姿を描いたドラマ)です。ご覧になった方いらっしゃいますか?剣岳の厳しい山々の姿がとても綺麗だし、雄大でホント人間って小さくて弱い存在なんだなぁって思いました。と同時に生かされている自分って事も実感させられました。傲慢になってはいけませんね。時代が明治後期、軍国主義真っ只中という事で、軍人の傲慢さ身勝手さが鼻もちならなかったです。地図を作るってことの意味が立場によってこんなにも違うんだってこともちょっと驚きました。今度観たい映画が『湖のほとりで』というイタリア映画です。毎月一日が映画 1000円ですよね。観に行きたいなぁ~って思っています。

 実家からお中元が届きました。辛子明太子です♪ 福岡出身の私には大好物なんです。熱々のご飯と辛子明太子だけで、何杯でもご飯が食べれちゃいます。しばらくはおかず作らなくていいなぁなんて、不精な主婦はニンマリしています(●^o^●)。今日は、幸せな夢がみられそうです・・それではおやすみなさい。

 
[PR]
by aiikusha | 2009-07-23 21:48

HP更新しました。

 久しぶりにHPの更新しました。『王女の草冠』を掲載できたのですが、ショッピングがジャンル別からしか設定できていません。ジャンル別の‘ファンタジー’の一番最後に掲載しているところからショッピングはできます。 ご不自由をおかけしますが、ご注文の時はジャンル別からお願いします <(_ _)>

 私は、ゴルフはしないのですがゴルフの好きな人はここ連日全英オープンゴルフを深夜テレビでご覧になって寝不足気味ではないでしょうか?遼君第二ラウンドで惜しくも予選落ちでしたね。初日は随分検討していたようでしたが・・・。でも、まだ17歳、これからがとても楽しみだしどんなプレイヤーになるのか目が離せませんね。他に日本の選手で、久保谷健一さんが通算3アンダーの4位、今田竜二さんが通算3オーバーの53位で予選通過していますね。ゴルフファンの方々の寝不足の日が、まだもう少し続きますね。調度連休中で良かったですね・・・(^.^)

 明日は、私は月に一度の気功の日です。体と心のメンテナンスに行ってきます。それではおやすみなさい。
[PR]
by aiikusha | 2009-07-18 22:42

うしろのしょうめん

 今日は、昨日とは打って変わって過ごし易い一日でしたね。六本木の青山ブックセンターにお邪魔してきました。間室さんとはお会いできなかったのですが、コーナーは見つけて写真撮ってきました。
a0089080_0134552.jpg

左の写真がこのコーナーの入り口になります。真中の『初夏に読みたい恋する6冊』って素敵なPOPだなって間室さんのセンスに脱帽です。6冊の本の一番左に、うしろのしょうめんがありました。今日から展示しているので、六本木に行った折には寄ってみてください<(_ _)>。

 明日から三連休の方も多いと思います。夏休み前の小連休ってところでしょうか?皆さんどのように過ごされますか?それでは、良い週末をお過ごしください。おやすみなさい。
[PR]
by aiikusha | 2009-07-18 00:20

夏日・・・

  今日は朝から暑かったですね。梅雨明けと同時に夏日です・・・。体調を崩している方も多いと聞きます。皆さん、夏こそ栄養バランスを考えた食事を心がけてくださいね。

 今日は、渋谷と、秋葉原に営業に行ってきました。秋葉原のとらのあなさんでは店員さんにまたまた親切に対応していただいてとてもありがたかったです。フロアーの模様替えをして、まだ出来あがっていないところをお邪魔してしまったようで、本当にご迷惑をおかけしました。又、来週にでも、ご挨拶に伺わせていただきたいと思います。また、S書店さんも快く写真撮影を許可していただきましてありがとうございました。
a0089080_2251988.jpg

 どーんと、夏休みを前に平積みしていただいています。この山がどんどん低くなっていくのが本当に楽しみです♪~。

 昨日、今日と浴衣姿の人たちをよく見かけるのですが、もう花火大会が行われているのでしょうか?浴衣もどんどん様変わりしているように思えます。今の若い子たちは、既成概念にとらわれないので、自由にアレンジを楽しんでいて良いですね。古くから伝わっているものと新しい感性がうまく調和されているのを見るのは、とてもうれしいものです。こうやって伝統がどんどん引き継がれて行ってくれるといいですね(^-^)

 明日も、暑い一日になるようです。営業のみなさん水分補給をこまめに取って熱射病に気をつけてくださいね。それではおやすみなさい。
[PR]
by aiikusha | 2009-07-16 22:58

4月に小社から出版された写真集『うしろのしょうめん』が、祥伝社から出版されている、読切恋愛小説誌 ‘Feel Love' の Vol.7 で紹介されました。コーナーは、---Bookseller`s Choice---で青山ブックセンター六本木店の店員さんのあの間室道子さんが紹介してくださっています。
 ~以上、濃厚な小説を5冊読んだ後に眺めて欲しいのが、子どもの後ろ姿を集めた写真集『うしろのしょうめん』。幼い男の子と女の子が手を繋ぐモノクロ写真があるんですが、そのピュアなこと!なんの下心もなく手を差し伸べ、その手を必死に握り返す。ああ、この子たちはまだ、恋を知らないんだなあ、と。好きな人に贈りたい、心洗われる写真集です。

 と締めくくられているのです。こんな風にピュアな心で観ていただけてとても嬉しく感謝しています。今週末から、暫くフェアも開催しているそうですので、是非足を運んでいただきたいと思います。

 今日は、最終話、「王女の草冠」です。

 このお話は、果樹園を特産物としている北海道の小さな村の高校生が主人公です。学校の卒業旅行でタイの小さな島を農村体験することになった高校生たちだったのですが、島を去る時島民に重病人がでて、その人を本島に運ぶ船がなく、高校生の一人が島に残ってその病人を代わりに船に乗せることになる・・・。

 お話は、高校生が成人してまで続くのですが、島の守り神の生まれ変わりとなって生きていた同級生に再会し、驚きそしてそんな生き方を受け入れて行くのですが、人生なにが起こるか解りません。でも、解らないから楽しかったり、ドキドキしたりするのだとも思います。人生ぶつかったり躓いたりしながらも、精一杯生きて行くしかないのなら、楽しく有意義に生きて行くそんな生き方をしていきたいなっと、この本を読みながら考えていました。『王女の草冠』書店に並んでいます。どうぞ、パラパラとめくってみてください。よろしくお願いします。
[PR]
by aiikusha | 2009-07-15 23:25

暑い一日でした。

 今日は『王女の草冠』の第八章「トランペット吹きの子守歌」です。

 このお話は、離婚をして独り暮らしを始めた主人公の路代が再出発を祝う日から始まります。今は、×1の女の人が実家を頼らずに一人で再出発をする話もちっとも珍しく無くなっています。そして離婚の理由も、多岐にわたります。強がっているわけではないけれど、一人で寂しいなんていつも思う訳ではないけれど、でもどうしても時々なんとも形容のしがたい孤独感に襲われることはあると思います。そんな主人公が夜中のある一定の時刻に聞こえてくるトランペットの音色にいつの間にか、寂しさを紛らわして行ったり気持ちがほぐされて行ったりする、というお話です。

 私も、子どもの手が離れて行く度に段々と一人をかみしめる時間が多くなってきました。自分と向き合う時間が増えてきたとも思います。トコトン自分と向き合って、自分と対面するときとてつもない孤独感に襲われて救いのない暗いブラックホールに吸い込まれそうになります。そういう時は、とことん自分を孤独の淵に追いやります。そうする事で、誰にも頼らない自分が這い上がってくるようなそんな気持ちになります。でも、それはそんな気持ちになるだけで、実際は全然へなちょこな自分がいつもいます。でも、自分を見つめる時間を持てるそんな贅沢な生活を過ごせる環境に感謝しています。

 明日で、このお話も最終章です。毎回下手な紹介になってしまって申し訳なく思っています。きっと立原先生には迷惑なことだったと思います。すいません<(_ _)>。さあ、明日も快晴なんでしょうか?ちょっと外回りには厳しい毎日です。それでは、おやすみなさいzzz.
[PR]
by aiikusha | 2009-07-15 00:38
 今日は、作家の鏡さんと初めて会社でお会いしました。イメージは、もっとおたくっぽい人を想像していたので(ごめんなさい)ちょっとびっくり。とっても博識がおありで話し出したら講義口調になり、次から次に楽しい話題が出てくるのです。やはり作家を職業としていると、ご自分の書く倍の知識が必要となるのでそれだけ知識をため込んでいるのだなぁ・・・って、ただただ聞き入るばかりでした。一つびっくりしたのが、鏡さんの名刺に『陰陽』を表す太極図が書いてあったので、つい気功との話も少し触れられたことが新たな驚きでした。気功の話、もう少し時間があったら伺いたいと思います。いつかお願いしますね。

 では、今日は『王女の草冠』の第七話「思い乱れて」です。

 このお話は、独り暮らしの女性のお話です。主人公の愛香は恋人と別れてからの独り暮らしを、大して寂しいとか人恋しいとか思うことなく暮らしていたのですが、ふとしたきっかけで、コンビニで働く年下の男の子と友達になります。それまで、失恋が怖くて心に鍵をしていた愛香だったのですが、徐々に鍵をほどき扉を開けようとし始めるのです。そんな、二人の出会いと、突然の別れ・・・。本当にあっけなく唐突に終わってしまう結末に私はちょっと戸惑ったのですが・・・。

 ファンタジーなので、なんでも有りなのですがなんだか、実際の人間と未来型ロボットの話ってどうも私にはしっくりなれないところがあります。どうやら、少し頭が古くなってきているようです。まあ、形は違っても恋人が交通事故とか事件に巻き込まれて、突然目の前からいなくなってしまうってことは、ときどき聞きます。そういう時って、人間はどう対処したら良いのでしょうか?そんなこと想像したって、全然イメージがわかないから、しても意味が無いようにも思えますが?

 なんだか、今日は取り留めもない文章になってしまいました。ごめんなさい<(_ _)>。
[PR]
by aiikusha | 2009-07-13 21:56
 今日は久しぶりに、カラッと暑い一日でしたね。主婦(夫)の皆さんは、お洗濯に追われたのではないでしょうか?私も、シーツや、バスタオルなどの大物の洗濯に追われました。で、午後にさっぱりと髪の毛を切って、夏バージョンにしてきました。で、やっとドラクエにはまっています。良いですねぇ(^-^)やっぱり、ドラクエですよ。すごいですね。もうPCでは、いろいろな情報が集められて、攻略チャートやヒントを公開しているのです。毎回ゲームを始めるときは、今回は絶対攻略法や裏技、裏情報は見ないって思うのですが、行き詰ってしまうと、頼りにしてしまうのですよね。今回も、ぎりぎりまでは自力でがんばろうと思っています。と、またまたワタクシ事で初めてしまってすいません。では、『王女の草冠』の第六章「最後の綱引き」です。

 このお話は、最強のプロレスラーを父親に持つ、タケルという男の子が主人公のお話です。プロレスラーの付き人だった父親が、あるきっかけで試合に出られ鋼鉄の鰐という芸名が付くほどの、負け知らずのレスラーになっていくのです。どこにでもある事ですが、お金も入り有名になればファンも付きますし、豪遊もするようになります。結局父親は、ファンと一緒になり、タケシは母親と二人の貧乏暮らしになります。そして、父親は試合で大けがをして行方知れずに・・・。数年後、タケシはある植物園の余興で、父親と再会することになるのですが・・・。

 タケシの母親は、一生をかけてレスラーであるタケシの父親を愛し、愛が無くなったとき生きる力を憎しみにき変えてしまったんだと思います。で、愛人はレスラーのお金とイメージを愛していたんだと思います。そしてタケルは、そんな母親と愛人の生き様をみて人生の切なさや虚しさを学び、それでも前向きに生きる意味をしるのです。そう人生色々です。

 今日は都議選でしたね。みなさん投票には行かれましたか?この結果を受けて、政局に大きな動きはあるのでしょうか?私は政治にはとても疎いのですが、週明けには自民、民社それぞれ何か動きがあるのでしょうか?それでは、又明日からお仕事です。おやすみなさい。



 
[PR]
by aiikusha | 2009-07-12 21:37

第五話です。

 今日は最初に、昨日平岡正明氏の著書で、タイトルを間違えて掲載してしまい、大変不愉快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。訂正させていただきました。ご指摘いただきましてありがとうございます。これからは、もう少し慎重に書かせていただきたいと思います。

 今日は『王女の草冠』の第五話「一泊旅行」です。
 このお話の主人公は、足が生まれつき少し不自由な主婦のお話です。長年連れ添った夫婦にありがちな生活の中で、主人公が家族に内緒でときどき外泊をするようになるのです。不審に思った夫と息子が追跡をすると・・・。

 ちょっと唐突な感じもするのですが、慣れすぎた家族や夫婦間では、家族の存在の大切さやお互いの愛情を言葉にして相手に伝えるって言うことは少なくなっているような気がします。時には、感謝の言葉や好きだと言う事を言葉に出してみるのも必要なのかもしれないな?って自分のことも含めて思えるお話です。でも、惰性で一緒にいるってこともあるような・・・。私には口に出して言うのはかなり勇気のいる問題です・・・お互いがそう思っていると確証がないとチョットね・・・。

 話題は全然違いますが、今日はドラクエⅨの発売日でしたね。購入されましたか?私は、ドラクエとFFファンなので、仕事帰りに買ってきました。早速少しだけやったのですが、やっぱりいいですよね。DSの通信機能も使えるという事なのですが、私は通信機能を使いこなせないので一人で黙々とやるつもりです。ゲーム始めると(昔からそうなのですが)、主婦業がますます手抜きになってしまうのです。まあ、今以上手抜きになることはないのですが、たぶん寝る時間が少なくなるだけで・・・(>_<)。な訳で、明日は日曜日、もう少しやりこもうかなぁって思っています。それでは、おやすみなさい(^.^)/~~~
[PR]
by aiikusha | 2009-07-12 01:46