<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年も残すところ三日となりましたね。皆様にとってどのような一年でしたでしょうか?
最新刊の「イノック アーデン」にはたくさんのお問い合わせを頂き有難うございます。不勉強な私は原作者の
詩人アルフレッド・テニスンの名前を聞いたこともなかたのですが、調べると聞いたことのある語録がたくさんあることがわかり、ご紹介することにしました。

過ぎ去りし麗しき日々は、再び我がもとに帰り来たらず。
時間の谷間では、しばしば時間の丘が永遠の山をさえぎる。
時には今日はなく、永劫には未来無く、永遠には過去はない。
敵を作れないものは友も作れない。
恋して恋を失ったものは、まったく愛さないよりもましだ。
志の固き人は幸いなるかな。なんじは苦しむ。しかれども長く苦しむことなし。また誤って苦しむことなし。

まだまだあると思います。どれか心に残る言葉がありましたか?
慌しい年末ですが、気持ちを静かに一年を振り返り、また新しく迎える年が穏やかで明るい年でありますように。
一年のお付き合い有難うございました。来年もよろしくお付き合いくださいませ。

いつもありがとうございます。
愛育社のホームページです。こちらも宜しくお願いします。
         ↓↓↓
 http://www.aiikusha.net/(貼り付けてご使用ください)
[PR]
by aiikusha | 2011-12-29 00:15

新刊紹介

早いもので今年も残すところ2週間を切りました。この頃日増しに冷え込みが厳しくなってきましたが、風邪を引いていませんか?大変おまたせしました、1ヶ月ぶりの新刊案内です。

a0089080_1121181.jpg


英国の詩人アルフレッド・ロード・テニスンの詩「イノック・アーデン」を翻訳家の道下匡子さん訳でお楽しみください。
タイトルは 「Enoch Arden イノック・アーデン」 です。

時空を超え、世界中の人々に深い感動をあたえてきた英国ヴィクトリア朝の偉大な詩人、テニスンの名作「イノック・アーデン」の鮮烈なメッセージが、今、岐路に立つ日本人の心をまっすぐ貫く。美しい音の響きもそのままに。どうぞ、寒い冬の一日を偉大な詩人の旋律で心温まってください。

いつもありがとうございます。
愛育社のホームページ更新しました。こちらも宜しくお願いします。
         ↓↓↓
 http://www.aiikusha.net/(貼り付けてご使用ください)
[PR]
by aiikusha | 2011-12-22 01:20